Archive for the ‘情報網’ Category

情報取得

土曜日, 11月 8th, 2014

身元を確認する情報を得る行為が困難な現代において、「探偵や興信所」が担う役割も増加傾向にあると言える。

探偵業法の制定により「探偵活動の範囲」を一般の方が行う行為は推進していない法規と言えるからである。一般の方が素行調査や浮気調査を実施される場合に「軽犯罪に触れる」可能性が極めて高くなる。

動かぬ証拠を撮影する行為一つにしても「盗撮の疑い」を持たれかねないと言える。身元情報や個人情報の収集に関しても同様であり「探偵業法にのっとる」ならば調査行為にには制限がある。

正当な理由が存在し「第三者の身元」を確認したいと考えて情報開示を求めても「請求元の方針や考え方一つで」情報は得られない世の中なのである。このような状況下で「個人の情報」や「身元確認に必要な情報」の収集は極めて困難な事が理解していただけることだろう。

情報源を広く持つ探偵や興信所であっても情報収集が困難な状況である。

一般の方が無理して情報収集や情報取得する行為は無理があると調査人目線では思える今日この頃である。

探偵・興信所の情報網 東京編

水曜日, 11月 5th, 2014

日本国内において「東京に拠点を置く探偵や興信所の情報網は優れている」と断言できる。地方には無い情報量が東京には存在し「調べ事一つにしても多くの情報を得られる」メリットがある。当然ながら「探偵や興信所が増える」のである。

特に過去の情報を調べたい案件があったならば「過去の情報量は東京が一番多く有している」のである。地方の探偵や興信所では「ネット上の情報を調べる」以上の情報量は存在しないのが現実である。

探偵や興信所の宣伝文句に「調査力」を掲げている探偵が存在するが「その宣伝が本当か?」がこのことから理解できることだろう。東京に本拠地がない探偵・興信所の調査力が業界トップクラスの訳がないのである。そもそも情報量が少ない地方に「調査力は無い」と言える。本当に調査のプロならば「案件を引き受ける度に東京出張」しなければ満足な情報量は得られないだろう。

偽りの宣伝行為と知りつつ「調査力」を語る事が調査人として如何に恥ずべき行為か今一度、考え直す事をおすすめしたい。