Archive for the ‘探偵 調査’ Category

探偵が行う身元調査

月曜日, 11月 17th, 2014

一言で身元調査と言っても「知り得たい情報の範囲」で探偵が調査に費やす時間は異なる。多くの場合、「調査対象である人物」の正確な氏名・年齢・性別・職業・居住先・勤務先などが知り得たい「単純でポピュラーな身元情報」であろう。

しかし、現代は個人情報の扱いが厳格であり「簡単に情報入手」とはいかない現状にある。御依頼者が抱える問題を解消する手段に「必要な情報入手」が極めて困難な時代なのである。悪が世にはびこりやすいとまで言わないまでも「正当な権利の主張」も困難と言えるのである。

このような状況は「法規制」が招いた結果と言える。

皆さんご存知の「個人情報保護法・探偵業の適正化」に関する法律などが代表的といえるだろう。昭和から平成にかけてはそれ程「規制」が厳しくなかったが、同法律が制定されてからというもの「世間の認識」が大きく変化したのである。

簡単な「婚約者に関する人柄」の調査であっても「他人のプライバシーに関わる個人情報であるから答えられない」が多くの方の認識と言える。

御依頼者にとっては一生に関わる調査であるにも関わらず「社会の認識」から情報を取得が困難といえるのである。どう見ても「認識がズレている」としか思えないのは著者だけだろうか?

現実問題として法的処置が必要な「トラブルを抱えた人物」が「トラブルの相手を特定出来ない世の中」は誰がどう見てもおかしな状況であろう。このような状況が誰にでも降りかかるのである。個人情報が厳格に扱われる事には何の異論もない。しかし、世間の認識違いがただされなければ「弱者は救済されない」不道理がまかり通る世の中になってしまうのである。

当然ながら調査を行う興信所や探偵にも「現代にあった調査手法の確立」が要求されるだろう。多くの調査人達は試行錯誤し「依頼人に有意義な情報」提供をと考え「情報取得のために自らを向上させる」ことが常に要求されるのである。

立ち止まって「否定しても世間が変わる」ことは望めない。

興信所や探偵が進化し時代にあった存在感のある業務を行わなければ淘汰される厳しい状況なのである。どの分野や業種でも同じような現状を抱えている現代社会は「意味のない存在」を許さない「スピードに追われ変化に対応出来ないもの」に極めて薄情であると思う。古き良きを掲げているだけでは「時代に取り残され」てしまい「世間の常識や変化」に対応できずに孤立し「誰からも見向きされない」状況がまっているだけなのである。

情報収集能力

木曜日, 10月 30th, 2014

探偵や興信所が行う各種調査には、どのような場合であっても「情報源」が必要である。自らの足で情報収集を行えるならば「情報源をもって行動できる力量」を持ち合わせた人物となるのである。

探偵は個々に得意(個人の長所・短所による得手不得手)分野が異なる傾向があり、尾行などの実働調査は不得意であるが聞き込みや情報収集による内偵が得意などが代表的である。また、車輌の運転ひとつにしてみても「追跡する運転レベル」と「普通に街中を運転するレベル」では要求される難易度が異なる事は言うまでもなく「探偵個々の得意分野で実際に行える調査内容」が異なるため「情報収集能力に個人差」が生じるのである。

ここで依頼する際に一考しなければならない事にお気づきだろう。

各種「信用調査」などを得意とする探偵や興信所と「行動確認を主に行う探偵」では在籍するスタッフに要求される「力量や求められる能力に違い」が存在し、主に行う調査内容で「依頼先として適切であるか?」の判断が依頼前に必要となるのである。

情報を収集する

金曜日, 10月 17th, 2014

探偵や興信所・調査会社が行う調査の多くは「足で稼ぐ情報収集」が基本である。

スパイのように情報操作で欲している情報を不正に入手する事など殆ど無い。情報源から裏付けを取り「得た情報の信憑性」を確認しご依頼人に調査結果として報告する。

不確定要素が強い調査結果を依頼人に提供する事はあってはならない。

「探偵の資質」に関わり評判や信頼関係にも繋がる重要事項である。

疑うことを忘れず裏付けをとり「確実な調査」を実施する。

浮気調査などに代表される尾行による情報収集も「足で情報を得て」いる。

内偵調査も同様に複数の聞き込みやデータ収集作業により「足で情報を得る」。

情報源が多い探偵は「内容の濃い調査報告」を依頼人に提供できる。

情報収集能力が探偵の善し悪しに大きく関わっているのである。いつの時代も「情報を有する」優位性は誰もが認めるところだろう。情報源の多い探偵と出会うメリットは多大であり「プライベート・ビジネス」の範囲に限らずより良い生活に繋がると言える。

探偵が行う身元に関する調査

木曜日, 10月 16th, 2014

探偵は各種民事訴訟に関わる証拠収集において「訴訟相手の身元情報」を調査する。

一般的に世間が問題視する個人情報保護とは別物な「社会生活において必要な調査」といえる。このような調査までも個人情報保護の観点から情報収集できない状況は「問題である」とはっきり断言できる。

個人情報とは個人を特定する情報であり、一般的には「個人情報を扱う業務」を取り扱う会社からの情報漏れや不正な売り買いを無くす事が主の目的であると認識している。

ましてや情報社会化した現代ではネット上に個人情報が流出する可能性が高く、そうした現代社会で起こりうる新たな問題防止を目的に制定されている。

古くから情報を取り扱う「探偵や興信所」がこの法規に関わり問題ならば「救われない一般の人物が増大」する法規ということにもなる。

間違った認識とは怖ろしいもので根付いてしまうと取り返しがつかない状況にも発展し「早期に認識違いをただす捕捉」を広く呼びかけていただきたいものである。

自転車尾行

金曜日, 1月 31st, 2014

ちょっと久しぶりに自転車を使用した尾行を行いました。

尾行対象者の中には、自転車で移動する対象者もいます。

その場合はこちらも自転車を用意していないとまともに尾行できません。

それで、自転車で尾行したのですが、長い坂道を登った時に自分でも思っていた以上にきつくて大変でした。

最近は「電動式自転車」を持っている対象者も多くて、対象者は楽に坂を上がっているのに、こちらは決して性能のいい自転車には乗っていないので、差を離されないように必死です。

終わった後は少し身体が痛いです。運動不足ですね。

興信所・探偵は違法?

土曜日, 1月 18th, 2014

興信所や探偵は個人を調べると言うことで、「興信所・探偵の調査は違法ではないか」と言われることがあります。

結論から言うと、現在の法律から言うと調査は違法ではありません。

「探偵業法」には、探偵業の定義が記載しており、尾行・張り込み・聞き込みを用いて調べた結果を依頼人に報告する業務とあるからです。

但し、違法とならないためにはいくつか条件があります。

1.探偵業の届出をしている。

2.依頼を受け、調査契約に基づいた調査でなければならない。

3.調査を行うのは興信所・探偵事務所に属している調査員でなければならない。

4.違法な手段で調査をしてはならない。

5.違法な依頼を受けてはならない。

探偵の勤務時間と休暇

火曜日, 12月 17th, 2013

探偵の仕事の多くは、個人の行動を調査することです。対象者の行動に応じて尾行や張り込みを行うため、探偵の勤務時間は不規則になりがちです。

たとえば浮気調査をするにしても、対象者によって行動パターンが異なります。主婦ならば昼間に外出することが多いでしょうし、自営業者や営業マンなどは勤務時間中に自由行動をすることが可能です。会社員だと、勤務終了後の夜間に浮気相手と会う可能性が多いものです。

探偵は対象者の行動に合わせて調査し、依頼者に求められた証拠をつかまなければなりません。ですから対象者次第で、どんどん勤務時間が延びるケースがあります。もちろん、土日や祝祭日もカレンダー通り休める保証はありません。

そのため、普通の会社員のように決まった勤務時間や休日がないのが実情です。

もちろん探偵事務所ではローテーションを組み、一週間に一日あるいは二日の休日を取れるよう調整しています。ただし、調査の進捗状況によっては休日出勤をすることもあるのです。

探偵は依頼者から報酬を得て、問題解決のために調査をします。そのためには、自分の時間や生活を犠牲にすることも多々あります。探偵の勤務時間や休暇は、調査業務を優先した上で決まるといえるでしょう。

 

探偵は何をする仕事なのか

月曜日, 11月 25th, 2013

漫画でよく見る「探偵」という職業、一体どんなことをするのでしょうか

 

主に個人情報を探ることを目的としています

探偵は、依頼者から「特定の人物に関する情報」を得ることを依頼されます

主に調べることとしては、浮気や素行です。特に浮気調査で探偵を使うケースは増えてきています

他にも行方不明者の捜索、企業や個人に関する信用や身辺の調査を行います。漫画のように犯罪調査を刷る場合もあります

警護も仕事のうちですが、警護を行うには申請が必要です

 

探偵は秘密を探っていることがばれてはいけません。秘密裏に調べるのが探偵の仕事です

ばれてしまうと警戒されて調査も行えませんし、顔を知られてしまうので、最悪の場合警察に通報される危険性があるのです。そのため日々警戒を怠ることは出来ません

個人情報を勝手に漏らしてはいけません。依頼者以外に個人情報を言ってしまうと法律により罰せられます。最悪の場合探偵行動を行えなくなる場合があるので、探偵は個人情報保護もしなければいけません

 

こうした探偵に調査を依頼する場合、当然お金が掛かります

どれだけの料金が掛かるかは依頼内容によって異なります。依頼をする段階で大体の請求額を提示するケースが多いので、それを見て利用するか確認した方がいいでしょう。

主な探偵の仕事内容についてご紹介しましょう

木曜日, 11月 21st, 2013

主な探偵の仕事内容についてご紹介しましょう。

探偵の仕事内容は、張り込みです。

これは、調査を特定の人物や場所に張り付いて行うことです。

どのような厳しい状況においても、集中力を維持して張り付いている忍耐力と体力が必要になります。

探偵の仕事内容は、尾行です。

尾行は警察でも行いますが、探偵も同様に行います。

対象者が動いている際に、追跡を気付かれないように行います。

尾行と張り込みは同じ様に注意することがあります。

それは、探偵と言う仕事が公ではないので、下手に尾行や張り込みを行うと、怪しい者として連絡されてしまう恐れもあるからです。

そのようなことにならないために、周りになじむようなテクニックも必要となります。

そして、探偵の仕事内容の中で一番難しいテクニックである聞き込みがあります。

これは知識の他に経験が必要になるため、張り込みや尾行と同じ様に、怪しい者に間違われないためのテクニックも必要です。

探偵の仕事では、ごくまれにドラマのような難しい事件に出会うこともあります。

しかしながら、ほとんどの仕事は集中力や忍耐力を必要とするような非常にレベルの高い仕事だと思います。

推理力が必要なことも多くありますが、ほとんどは努力を地道に行うことが必要です。

探偵は生活において様々な助けとなる仕事です

木曜日, 11月 21st, 2013

探偵の仕事内容は主に相談、調査、調査に基づく資料作成等があります。基本的には人を探したり身辺調査を行うなど一般の人が行うには難しいような特殊な業務を行います。

企業などが依頼する場合は社員が横領したり、他の企業に秘密を漏らしていないかといった事を調査する目的で行います。そうして社内で問題を解決する事で大きく傷を広げることなくイメージダウンも防ぐことが出来ます。

一般の人が依頼する場合は家出調査や浮気調査などがあります。特に浮気調査の需要は高く、調査の他にそうした経験を生かして相談をするものもあります。基本的な調査方法は複数人で尾行して対象者の行動を監視し、何か動きがある場合は写真におさめて証拠とします。また、探偵同士の横の繋がりや情報を専門に扱う業者にお金を払って情報をもらう等様々な方法を使って調査を行い成果をあげます。その為普通の人では出来ないような成果が期待できるのです。

尾行にしても複数人で行うため日当やカメラなどの機材費といったものが必要になるため調査費用は高額になってしまいがちですが、日数や時間等を指定する事である程度抑える事も出来ます。何より自分や周りの人の力だけでは不可能な調査結果を得られるので有効に利用出来れば生活や様々な点で大きな助けとなる職業と言えます。