Posts Tagged ‘個人情報’

探偵が行う身元調査

月曜日, 11月 17th, 2014

一言で身元調査と言っても「知り得たい情報の範囲」で探偵が調査に費やす時間は異なる。多くの場合、「調査対象である人物」の正確な氏名・年齢・性別・職業・居住先・勤務先などが知り得たい「単純でポピュラーな身元情報」であろう。

しかし、現代は個人情報の扱いが厳格であり「簡単に情報入手」とはいかない現状にある。御依頼者が抱える問題を解消する手段に「必要な情報入手」が極めて困難な時代なのである。悪が世にはびこりやすいとまで言わないまでも「正当な権利の主張」も困難と言えるのである。

このような状況は「法規制」が招いた結果と言える。

皆さんご存知の「個人情報保護法・探偵業の適正化」に関する法律などが代表的といえるだろう。昭和から平成にかけてはそれ程「規制」が厳しくなかったが、同法律が制定されてからというもの「世間の認識」が大きく変化したのである。

簡単な「婚約者に関する人柄」の調査であっても「他人のプライバシーに関わる個人情報であるから答えられない」が多くの方の認識と言える。

御依頼者にとっては一生に関わる調査であるにも関わらず「社会の認識」から情報を取得が困難といえるのである。どう見ても「認識がズレている」としか思えないのは著者だけだろうか?

現実問題として法的処置が必要な「トラブルを抱えた人物」が「トラブルの相手を特定出来ない世の中」は誰がどう見てもおかしな状況であろう。このような状況が誰にでも降りかかるのである。個人情報が厳格に扱われる事には何の異論もない。しかし、世間の認識違いがただされなければ「弱者は救済されない」不道理がまかり通る世の中になってしまうのである。

当然ながら調査を行う興信所や探偵にも「現代にあった調査手法の確立」が要求されるだろう。多くの調査人達は試行錯誤し「依頼人に有意義な情報」提供をと考え「情報取得のために自らを向上させる」ことが常に要求されるのである。

立ち止まって「否定しても世間が変わる」ことは望めない。

興信所や探偵が進化し時代にあった存在感のある業務を行わなければ淘汰される厳しい状況なのである。どの分野や業種でも同じような現状を抱えている現代社会は「意味のない存在」を許さない「スピードに追われ変化に対応出来ないもの」に極めて薄情であると思う。古き良きを掲げているだけでは「時代に取り残され」てしまい「世間の常識や変化」に対応できずに孤立し「誰からも見向きされない」状況がまっているだけなのである。

身元情報の管理

土曜日, 11月 1st, 2014

個人情報や身元情報は「どこで知ったの?」と不思議になる事があることだろう。日常生活を便利に効率良くする材料に「登録制やポイントカード」などがあるが、身近な身元情報・個人情報の流失もとの多くであることは間違いない。

比較的少ないケースでは「カード情報のスキミング」による被害もある。

クレジットカードで支払いを日常的に行う人物があいやすい犯罪で、カード情報を専用機械でひと通しするだけで「偽造クレジットカード製作」のための情報が抜き取られる被害である。

このような犯罪が実際に行われる現代で「個人情報・身元情報の管理」は個人レベルでは極めて難しく困難である。当然、自ら情報を記入する機会を限りなくゼロに近くすることで多くは防ぐことが可能であるが現実的ではない話になってしまう。

メリットとリスクを天秤にかける事が日常の判断に多く要求される時代になったと実感できる。日常の心がけにおいて情報の「引き出し」をより少なく効率的に「ご自分で認識できる範囲」を念頭に管理する意識が必要な時代である。

情報の使用目的

水曜日, 10月 29th, 2014

個人情報や身元情報の扱いが厳密になる原因の一つとして「得た情報の使用目的」が大きな問題である。悪質な情報の使用が発覚する度にマスコミは「またしても個人情報流失!」と騒ぎ立てる。世間は個人情報を気軽に他言してはならないと考える。

このような流れがあり「必要な個人情報を収集が困難」になる。

正当な権利で「トラブルの相手に対し損害賠償」したいが相手の身元情報が入手できないとなって初めて「個人情報の認識を間違っていた」と気づくこととなる。

正当な理由のもとに個人情報を収集する事は「当然の権利」を主張するために必要な準備と考える。この考え方が間違っているというならば「必要正義は存在しない」ということだろう。悪意をもってトラブルを引き起こす人物達の「やりたい放題」がまかり通る世の中ということである。

他人のトラブルに関わりたくないのは大いにけっこうだが、ご自分もトラブルに巻き込まれた時は泣き寝入りしかないと認識しておいてほしい。

個々の認識

土曜日, 10月 25th, 2014

個人情報や身元情報の常識を語る上で一般的(多数)に共感する認識が世間の常識や倫理感になってゆくと個人的には考えている。だとするならば現在の個人情報や身元情報に関する一般的認識は「誤解が多く、何が危険なのか」理解できていない考えをもっている方が多いといえるだろう。

個人情報や身元情報を入手する「理由」が悪質ならば「迷惑な使用目的」に情報が利用され世間的にも「情報の扱い」が微妙になるだろう。

それではここで疑問になる「正当な個人情報の請求理由」をどれ程の方が理解しているか?が本来は焦点になるべきだが世間の注目は「問題点や不正」にばかり集まってしまう現状にあると言える。

個々に正当な個人情報の「必要な場面を認識」してもらい理解をされるまでには道のりは長く誤解されたままの「常識」は根強く定着してしまったままである。ご自分に直接的にトラブルや問題が起きなければ「間違った認識や誤解」は気がつくことができないだろう。

情報社会と個人情報

水曜日, 10月 22nd, 2014

個人情報が重用とされる現代において「個人情報や身元確認事項」は軽視してはいけない風潮があることは言うまでもない。

情報が悪用されることは少ないにしても「迷惑な営業」や「ダイレクトメール」の発信源となっていることは否定できない事実だろう。

顧客情報(個人情報・身元)は氏名・年齢・性別・既婚未婚・家族などの情報がいかに商売に繋がるか理解している方は多い。

どのような商売でも「ターゲットを絞り効率よく」が常識であり「年代・性別・既婚未婚」は情報として有力である。一度、顧客リストや名簿に載った人物は後々まで営業を受けることとなる。

例えるならば「自動車購入を考え」販売会社を訪ね見積をお願いする。待ち時間に簡単なアンケートに答えて粗品がプレゼントされるサービスが実施され「気軽に氏名・住所・年齢・性別」を記入して粗品を貰って帰宅したとしよう。

この個人情報は「販売会社のセールス対象としてデータ化され社内情報」として残る。その後、度々行われるイベントや展示会などのDMが発送される原因となる可能性が非情に高い。

そういえば「気軽に新車を覗いた」ときに粗品と引き換えに「個人情報と身元を・・・」となる。

この情報が法規に則り「流失しなければ安心」なのだが、先に発覚した顧客情報流出事件などが起きた場合「絶対に安全」とは考えにくい。

気軽に「個人を特定する情報」を記入する入会やキャンペーンはメリット以外の状況も後に想定して行動に移したいものである。

個人情報の流通

水曜日, 10月 15th, 2014

世間一般的な解釈では「個人を特定する情報」は「個人情報」と認識されている。

氏名・生年月日・性別・住所・職業・携帯電話番号などが主要事項だろう。このような情報が必要な場面は日常のなかで度々やってくる。

日常生活の場面で一般的な「会員登録やポイントカード」への入会などで上記の個人情報は必要とされるケースが多い。登録した個人情報が流出した場合に「見知らぬダイレクトメール」などが自宅に届く場合が希にある。

身に覚えのない「業者からのダイレクトメール」は個人情報が流通している可能性が高い。

ご自分の生活圏での個人情報の登録は「記憶に残り利用している店舗」などから届く事が殆どだろう。当然、関わりのない業種に「個人情報を開示した過去」など存在しない。

もし、気がかりな方は送付先の業者に連絡してみると話が早い。

取引されている情報が社会のなかで如何に多いか理解が深まる事だろう。