Posts Tagged ‘身元情報’

身元情報の管理

土曜日, 11月 1st, 2014

個人情報や身元情報は「どこで知ったの?」と不思議になる事があることだろう。日常生活を便利に効率良くする材料に「登録制やポイントカード」などがあるが、身近な身元情報・個人情報の流失もとの多くであることは間違いない。

比較的少ないケースでは「カード情報のスキミング」による被害もある。

クレジットカードで支払いを日常的に行う人物があいやすい犯罪で、カード情報を専用機械でひと通しするだけで「偽造クレジットカード製作」のための情報が抜き取られる被害である。

このような犯罪が実際に行われる現代で「個人情報・身元情報の管理」は個人レベルでは極めて難しく困難である。当然、自ら情報を記入する機会を限りなくゼロに近くすることで多くは防ぐことが可能であるが現実的ではない話になってしまう。

メリットとリスクを天秤にかける事が日常の判断に多く要求される時代になったと実感できる。日常の心がけにおいて情報の「引き出し」をより少なく効率的に「ご自分で認識できる範囲」を念頭に管理する意識が必要な時代である。

探偵・興信所と身元確認

火曜日, 10月 28th, 2014

探偵や興信所の殆どは浮気調査を実施し「浮気相手の身元確認」を行い慰謝料請求や依頼人が望む方向性に調査をすすめる。やはり「必要な身元情報」がなければ「法律に基づいた権利の請求」は行えないだろう。

正当な権利を請求するにあたり「情報開示を求めて」も世間の風は冷たく冷ややかである。他人のトラブルに関わりたくない事を理由に「情報開示を拒否」する場面が殆どである。現代において個人のトラブルに関わる情報提供は「正当な理由」の扱いになっていない。

依頼人の利益や生活を守るべく行った調査が最終段階で「身元確認不可能」では「何かおかしい」と考えるのが普通ではなかろうか?探偵側が考える手前味噌な物言いと言われてしまえばそれまでだが「もし、ご自分が同じトラブルに巻き込まれた」シュチュエーションを想像していただければ「理不尽」な状況に怒りを覚えることだろう。

どちらの言い分が道徳的であるか?

やりたい放題な世の中やグレーゾーンを増やす法規は何の意味もない事が理解できることだろう。

 

個々の認識

土曜日, 10月 25th, 2014

個人情報や身元情報の常識を語る上で一般的(多数)に共感する認識が世間の常識や倫理感になってゆくと個人的には考えている。だとするならば現在の個人情報や身元情報に関する一般的認識は「誤解が多く、何が危険なのか」理解できていない考えをもっている方が多いといえるだろう。

個人情報や身元情報を入手する「理由」が悪質ならば「迷惑な使用目的」に情報が利用され世間的にも「情報の扱い」が微妙になるだろう。

それではここで疑問になる「正当な個人情報の請求理由」をどれ程の方が理解しているか?が本来は焦点になるべきだが世間の注目は「問題点や不正」にばかり集まってしまう現状にあると言える。

個々に正当な個人情報の「必要な場面を認識」してもらい理解をされるまでには道のりは長く誤解されたままの「常識」は根強く定着してしまったままである。ご自分に直接的にトラブルや問題が起きなければ「間違った認識や誤解」は気がつくことができないだろう。

浮気相手の情報

土曜日, 10月 11th, 2014

浮気調査を数多く手掛ける探偵は「調査対象に関する情報を入手」しなければ調査が完遂しない。主にフルネーム・年齢・住所・勤務先などのことがらは最低限必要な事項となるだろう。

浮気調査を実施し浮気の証拠であるホテルの出入りや自宅の出入りを撮ったとしても「調査対象者に関する情報」が尾行で得られる確率は低いと言える。

優れた尾行でスムーズに浮気の証拠を取得しても「肝心な詰め」が何日経っても判明しない探偵は調査力に少々難があると言えるだろう。

探偵の行う浮気調査は一貫した流れが存在し「総合的な調査力」が必要な業務であるため「身元情報」の調査力が低い探偵への浮気調査を依頼することは「案件のスピード解決」にほど遠く時間と追加調査を要し費用負担も高額に成る傾向がある。

探偵との相談・調査委任契約時に「身元情報」の調査にかかる日数なども確認しておく事が望ましいといえる。

浮気相手の身元

月曜日, 10月 6th, 2014

浮気調査を実施して「浮気の現場」を証拠として収めることに成功したが「浮気相手の身元」が判明しない案件は多数存在する。

現場の調査では相手の身元特定までには至らない場合があり「別に身元情報」を調査する必要性が出てくる。慰謝料請求しようにも浮気相手の素性が不明では何の為の浮気調査か本末転倒である。

もし、浮気調査を依頼した探偵が身元情報を得る調査力が無かった場合を考えていただきたい。最終的に一貫した浮気調査を行えない探偵社は意外にも多く存在し「情報取得」は外注となって「時間も費用」も更にかかってしまう。これでは間違いなく2度手間な仕事といえる。

このような調査にならないよう探偵との相談・契約時に密な打ち合わせや見積は後々多くの出費や時間ロスを削減してくれる事だろう。