Posts Tagged ‘身元’

身元が曖昧

月曜日, 10月 20th, 2014

現代社会であっても「雇用に関する身元」の確認は曖昧なカタチが存在している。

履歴書の提出と面接のみで「雇用の是非を決定」している。

雇用形態で提出書類が異なることは一般的常識だが、「契約・派遣」などは所謂「緩い身元確認で採用」となっている。アルバイトや日雇い就労とさほど変化がない状況といえる。

採用は甘く「一部上場の有名企業での業務」をしている人物が多く存在していることにあらためてお気づきになることだろう。有名企業に限らず「役所や生保」などの個人情報を取り扱う「下請け業者」も多く存在し、極めて重要な業務に「身元の不安定」な人物を雇用している可能性が高い現状が存在しているのである。

世間的に採用に関わる身元情報の確認は総務か人事担当が行うことが多い。

殆どの場合、履歴書に意図的な虚偽記載や曖昧な表記が無い事が前提に採用を決定している事だろう。

現代社会の採用事情の現状は不安定なケースが多く、就労条件の良い職場を求めて「転職を繰り返す人物達」にとって「曖昧な身上表記や少しの虚偽記載の履歴書」は想像以上に多く提出され「その殆どがチェック無く」採用の是非に利用されているのである。

探偵が行う身元に関する調査

木曜日, 10月 16th, 2014

探偵は各種民事訴訟に関わる証拠収集において「訴訟相手の身元情報」を調査する。

一般的に世間が問題視する個人情報保護とは別物な「社会生活において必要な調査」といえる。このような調査までも個人情報保護の観点から情報収集できない状況は「問題である」とはっきり断言できる。

個人情報とは個人を特定する情報であり、一般的には「個人情報を扱う業務」を取り扱う会社からの情報漏れや不正な売り買いを無くす事が主の目的であると認識している。

ましてや情報社会化した現代ではネット上に個人情報が流出する可能性が高く、そうした現代社会で起こりうる新たな問題防止を目的に制定されている。

古くから情報を取り扱う「探偵や興信所」がこの法規に関わり問題ならば「救われない一般の人物が増大」する法規ということにもなる。

間違った認識とは怖ろしいもので根付いてしまうと取り返しがつかない状況にも発展し「早期に認識違いをただす捕捉」を広く呼びかけていただきたいものである。

浮気相手の身元

月曜日, 10月 6th, 2014

浮気調査を実施して「浮気の現場」を証拠として収めることに成功したが「浮気相手の身元」が判明しない案件は多数存在する。

現場の調査では相手の身元特定までには至らない場合があり「別に身元情報」を調査する必要性が出てくる。慰謝料請求しようにも浮気相手の素性が不明では何の為の浮気調査か本末転倒である。

もし、浮気調査を依頼した探偵が身元情報を得る調査力が無かった場合を考えていただきたい。最終的に一貫した浮気調査を行えない探偵社は意外にも多く存在し「情報取得」は外注となって「時間も費用」も更にかかってしまう。これでは間違いなく2度手間な仕事といえる。

このような調査にならないよう探偵との相談・契約時に密な打ち合わせや見積は後々多くの出費や時間ロスを削減してくれる事だろう。

意外に

火曜日, 2月 4th, 2014

生活していて自分の戸籍を見る機会は意外とすくないですよね。

私自身、かなり長いこと自分の戸籍を目にしたことがありませんでした。

当たり前ですが、戸籍には自分が生まれた地域が記載されています。

自分の身元情報の一部です。

また、自分が誰と誰の子である(戸籍上)かもわかります。

見たことがない方は一度見てみるのもよろしいかもしれませんね。

与信からの身元

木曜日, 10月 31st, 2013

 ビジネスパートナーとしてふさわしいか?

大事な投資の相手をもっと知りたい。最も判断が難しく頭を悩ませる場面だと思う。相手を信用して「信用貸し」もまた無謀な行為と現代のビジネスシーンでは一般的に思われている。

しかし、長年お世話になった方からの紹介や身内関係の付き合いなどが絡んだ場合は判断力が著しく低下し「謝った判断」に陥る。

このようなケースは「誰にでも起こりうる」可能性が高い。

悪意の有無に関係なく訪れる「災難」も世の中には存在している。回避する方法は幾つかあるが「冷静な見知」がなにより大切なのは誰もが認識している。他人ごとは冷静でいられるがご自身が同じ立場になった場合は不思議と正しい判断力を失う。

何時誰が相手でも「普段から正しい与信判断」を行っておく習慣が大切である。

ご自分の情報網では乏しい場面などは「相手の身元」などをしっかり把握しておく最低限の努力は持っていたいところ。