> 
 > 
 > 
人事の判断に関わる調査

身元調査をお考えの方は当社にご相談下さい

人事の判断に関わる調査

大きな判断が必要な場面は度々訪れ「ご自身の価値観や好みに流される事無く公正な判断」が下せるか不安になることでしょう。

こと会社組織に在籍している人物が「他人の出世に関わる人事の判断」を下さなければならない場面などは「ご自身の評価が正当であるか」上司から更に評価を受けることにもなりかねません。

近年ではリストラや早期退職者募集などでこのような評価を下さなければならない立場の方と接する機会が増加傾向にあることも紛れもない事実であり「ご自分の意思に反した決断」を迫られる場面も多く耳にするのです。

表面上でしか人物を評価しないならば「評価を下す基準はそれ程難しくない」と言えることでしょう。社内外での評判や業務実績を見れば明確に答えや評価は導き出されるものです。
第三者との「協調性や人柄」はこの際抜きにした判断であり、悩むこと無く「数字を基に人物を評価」する手法も端的に評価基準があり誰の目にも明らかで理解しやすいといえることでしょう。

興信所がこのような判断を下す立場の御依頼者から調査を依頼される場合に最も多くオーダーを受ける調査内容が「調査対象人物の生活環境」なのです。

対象者を取り巻く環境を把握し「会社側の立場や判断を理解」してもらえる人物であるか?判断材料となる生活環境を調査し「リストラや早期退職後の生活基盤を持つ見込」等も考慮した調査を実施するのです。
このような調査は人事担当者個人の力では実現不可能なため「興信所に対象者に関わる調査」が依頼される現実が存在します。

会社内では見えない「個人が抱える様々な問題」などが興信所が実施する調査により浮き彫りになり、会社の事情と個人の事情が譲歩する線引きが「興信所の調査結果」により浮かび上がるのです。
もし、家族に大きな病と戦う人物が存在し、調査対象者の収入が大きなよりどころである場合などに「人として判断を誤る」ことが無いように「判断材料となる情報」を提供し「会社の存在意義が失われる判断が下されないよう」に必要な調査と言えるのです。

血も涙も無い決断が平然と実施される世の中になってしまわない為に「興信所が企業と共に存続するべき調査」であると言えるでしょう。

コラム