> 
 > 
 > 
浮気調査の身元調査は表裏一体

浮気調査と身元調査は表裏一体

浮気調査と身元調査は表裏一体

身元調査により「浮気調査の結果で判明した浮気相手」の情報を得る。

このような調査行為がスムーズに進行しないケースが存在している。
何故?浮気相手を特定する個人情報が得られないか?
個人の身元情報を得る調査行為である身元調査やデータ調査に法的な制限が極めて多く存在し「浮気相手に責任を取らせる行為が困難」になっている。
決定的な浮気の証拠を撮影しても「浮気相手の身元調査が成功」しなければ浮気調査を実施する意味が無くなってしまうのである。
浮気相手の身元が判明しなければ慰謝料請求が実施できないのである。

昨今の浮気調査はスマホ無料アプリで浮気が発覚し情報もととなって浮気調査を依頼し実施する経緯が非常に多い現状にある。
当然、浮気相手とのアプリのやり取りや浮気相手の携帯電話番号が情報としてあるが 「携帯会社が情報開示を拒否」するケースが殆どであり「浮気に歯止めがきかない悪者がのさばる」状況が現代社会の実態なのである。

不貞行為を法的に責任追及できる反面、追求に必要な情報が法的に得られない矛盾。

例えるならば御主人や奥様のスマートホンから浮気相手の情報を入手しても無意味と言えるのである。
違法データ調査を実施して浮気相手の身元を特定してはいけません!が現代の常識になっているのである。

上記の考え方で不貞行為の証拠を複数回取得しても、 慰謝料請求に必要な相手の身元を特定するデータ調査行為が法的に御法度なので「不貞行為の証拠を何度取得しても無意味」なケースが存在してしまうのである。
身元を知られなければ浮気し放題との考え方が世間に浸透してしまう危険性が極めて高いことがご理解いただけることだろう。

身元調査が困難な世の中は危険である。

悪意がまかり通る可能性が高く「悪事を行う人物を追求する手段が極めて少ない」と断言できるのである。
身元調査が行えない状況下で各種法的請求をどう実施して行くのか?
将来的に起こる弊害をこのまま放置して良いものなのか?
弱者が最低限実施できる保身ともいえる身元調査や個人情報の取得が困難な状況をこのままにして良いか?
個人情報を守る意識ばかり優先した世の中の弊害は確実に存在している。
道徳やモラルに沿った身元調査が個人情報保護の壁と衝突している。

身元調査の全てを否定する認識は「危険な考え方」であることが理解出来る。
身元調査に関わる個人情報の取得に関わる問題は山積されている現状である。

コラム