Archive for the ‘身元調査’ Category

身元を知っておく大切さ

金曜日, 12月 27th, 2013

学校や勤務先での友人はある程度、安心して交流できます。

それはなぜでしょう。

それは学校にしろ、勤務先にしろ自分以外にも相手を知っているという安心感からなのです。

ところが最近ではSNSで知り合っただけの知り合いとまるで学友や勤務先の友人と同じように交友したり、交際したりする人は多くなっています。何度かメールやラインでのやり取りだけで以前から知っている友人の様な感覚となってしまい、つきあってしまうのです。もちろん、中にはきちんとした人もいますがそれでもいろいろな問題や犯罪などに関わる事件も多発しています。

特に若い女性に対しては偽名で近づき、身体目的や金銭目的の被害も多く聞きます。

相手を信用する前にちょっとした情報からでも身元調査をする事が大事です。

最低でも相手の氏名、住所に虚偽ないか、その点を調べるのも身元調査です。

身辺調査を依頼するなら

火曜日, 12月 24th, 2013

最近、浮気調査を依頼する人が増えていますが、浮気調査は探偵事務所に依頼できます。旦那や妻の行動が怪しい、単身赴任先の旦那が浮気をしているんじゃないかと感じても、自分で浮気の証拠を掴むのは難しいと思います。

浮気が分かり、離婚して慰謝料を請求する時にも、浮気の証拠があると圧倒的に有利です。

更に浮気相手に就いての身元調査をすることで本名や年齢、勤務先を調べられます。

もちろん、話し合いで解決できる場合もありますが、探偵事務所では調査後の相談にも対応しています。

これから結婚する人には、婚約者の身元や素行を調査することもできます。

婚約者に結婚暦や子供はいないか、人柄や評判なども調査しています。

結婚する前に調査をすることで結婚後のトラブルを防ぐことができます。

中には、結婚していることを隠して婚約していた人もいるぐらいですから、婚約者に少しでも疑問を感じるなら調査がおすすめです。

このような身元調査は、会社が調査を依頼することもできます。

例えば、ヘッドハンティングする場合は、高額な報酬を支払うことになります。雇ってから失敗しないためにも、人物をしっかり調査することが必要です。

会社で調査をしていると時間や費用も掛かります。このような調査も短期間で結果が得られるので利用するメリットはたくさんあると思います。

 

詐欺と判明

月曜日, 12月 9th, 2013

婚活サイトで知り合った男性に不審を持ったある女性からその男性の身元調査を依頼された。

過去から現在までを精査する。

すると離婚歴が一度というのは嘘で3回の離婚歴が認められ、学歴、職歴にも詐称に近い虚偽が判明する。その時点で結婚相手として適応ではないとの結論が出るも、更にいろいろと調べると前住所では女性との金銭トラブルにより民事訴訟中である事実も確認された。依頼者にも少額ではあるがすでに借金をしており、更に事業資金の協力を要請しているという。

最近ではこの様な婚活サイトを利用して近づき、詐欺的な行為をする人物も増えているという。

結婚相談所でも虚偽を申告する人もいる時代、婚活サイトでは更に慎重さが求められる。

 

探偵はさまざまな方法で個人情報が特定可能です

金曜日, 11月 22nd, 2013

個人情報保護法の施行後、私たちの個人情報の取り扱いは行政や企業において非常に慎重に扱われるようになりました。

 

住民基本台帳については基本的には本人のみしか閲覧することはできません。もちろん、行政書士や弁護士など、法律家が手続きを踏むことによっても閲覧可能ですが。

 

さらに、企業が取り扱う個人情報も、基本的には利用目的達成のために使用する場合にのみ個人情報を使うことと制限されています。

 

では、探偵はどこから情報を得て、個人特定をしているのでしょう。基本的に名簿等の第三者の閲覧は法律によって制限されていますが、実際には世の中には名簿業者というものが存在します。

 

名簿業者が取り扱う名簿は、法律によって制限を受けない、定期刊行物などに掲載されている情報、つまり会報などから個人情報を集めたりして名簿を作成しています。

 

こういった名簿を取り扱う業者に探偵は非常に幅広く顔がききます。個人では取引できないような業者や、探偵が違う探偵に依頼することで様々な名簿を入手することが可能となってきます。

 

個人情報保護法があっても、探偵にとって個人を特定して情報を集めるという作業はそこまで障害となっていないようです。

やはり情報を集めるなら探偵には一日の長があります。

身元調査の依頼パターン

金曜日, 11月 15th, 2013

身元調査が依頼される状況には主に2つのパターンがあります。

 

①対象者そのものの身元調査をする場合

②対象者の関係者が現れ、その人物を調べる場合

 

①のケースでは、交際相手・結婚を考えている相手、採用を考えている相手、重要な取引を交わす相手などが該当します。

②のケースでは、配偶者の浮気調査を行って浮気相手が判明し、その人物が依頼者が知らない人物だった場合などが考えられます。

 

つまり最初から身元調査を行う場合と途中から身元調査の必要性が生じるケースがあるというわけですね。

いずれにしろ、人物を調べることの多い探偵の仕事において、身元調査は基本業務の一つといえるかと思います。

 

身元調査という言葉

木曜日, 11月 14th, 2013

身元調査という言葉は、人によっては非常にネガティヴなイメージを持つ言葉になっています。

一般的にはある人の生まれを調べるという意味合いが含まれていますね。そのため、身元調査は差別との関係が指摘されることも多いと言えます。

※現在、差別に関する調査は探偵業法により禁止されています。

 

但し、特に民事訴訟を提起するような場合は、訴える相手方の素性がわからなければ手続きが困難になるため、身元調査により氏名・住所を特定させるのはごく普通であり重要なことと言えます。

詐欺師などは身元を偽っていることも多いので、取引相手の身元を確認する慎重さが必要な時もあるでしょう。

 

そのような視点で考えると身元調査は決してネガティヴな要素だけではないのです。