STAP細胞問題

4月 18th, 2014

STAP細胞問題が話題ですが、小保方氏代理人弁護士は段階的に捏造疑惑を払拭できる資料を提出していくそうです。

一体、どんな資料が出てくるのか、それ以前に決定的なものが本当に存在するのかが気になります。

小保方氏が矢面に立たされている状況ですが、共著者がおり内容が話題になること必至、そして理研から出されている以上は一人の責任であるはずがないですよね。

小保方氏の上の立場にあたる理研や笹井氏の会見には責任逃れの意図があったのではないでしょうか。

科学者とか研究者はもっと純粋なものかと勝手に考えていましたが、国やら何やらからお金を引っ張らないと研究が続けられず、研究者自身も何らかの結果を出さなければ研究を続けられないんでしょうね。

今回の事件で、かつて旧石器発見を次々に捏造した事件を思い出しました。

 

明日から消費税増税

3月 31st, 2014

4月1日から消費税が8%になりますね。

単純に考えると105円のものが108円になるわけですが、

自分の毎日の生活の中で出費する全てのものが値上がりすると考えると結構大きいですね。

電車賃やタバコも値上がりするとは、消費税増税が決定した時は全く意識はしていませんでした。

「物が高いな」とか、「これだけしか買ってないのにけっこうするな」とか、

だんだんと生活の中で実感していくのでしょうね。

みんなの党渡辺代表がDHC会長から8億円

3月 26th, 2014

みんなの党の渡辺喜美代表が、化粧品販売で知られるDHC会長から、2010年から選挙資金として約8億円を借り、約5億円が未返済、という記事が週刊誌に載るそうです。

渡辺氏の資産報告書には借入金2億5千万としか記載されておらず、渡辺氏サイドは「個人で借金し、利子も払っているので問題ない」と説明しているそうです。

「8億」という金額に、選挙ってそんなに金がかかるのか、とびっくりですが、単純に考えて渡辺氏が「約5億円を隠し持っている」ということですよね。

DHC会長は「5億円を貸した際は借用書をとっていない」そうなんですが、状況が意味不明です。

また、「個人で借りた」という説明は辞任に追い込まれた猪瀬前東京都知事の時と同じじゃないですかね。

週刊誌にすっぱ抜かれたので、「賄賂」「不正資金」等とみなされないように渡辺氏とDHC会長が急いで辻褄合わせをしたようにも思えます。

もしそうなら「みんなの党」などではなく、渡辺氏の「私利私欲の党」じゃないですか。

猪瀬氏は「手つかずの5千万円」で辞任、その後立件となりましたが・・・。果たして渡辺氏はどうなるのでしょうか。

 

ギニアでエボラ出血熱が大流行

3月 25th, 2014

恐ろしい伝染病「エボラ出血熱」が、現在、アフリカ・ギニアで大流行しているそうです。

エボラ出血熱は主にアフリカ地域で発生し、致死率が非常に高いことで知られています。

最近ではウガンダ・コンゴで感染者が出ており、ギニアで感染が起こるのは初めてとか。

確立された治療法がなく、感染者の汗でも感染してしまうらしいので、これから他国へ被害が拡大する可能性が懸念されているようです。

エイズも確かアフリカからだったと思いますが、感染源はチンパンジーやゴリラ、コウモリなどらしいので、未開拓地域が多いことと、アフリカ諸の未発展がこういった伝染病が起こる原因なのでしょうか。

マレーシア航空機不明事件

3月 24th, 2014

3月8日から消息を絶っている北京行きマレーシア航空機事件ですが、オーストラリア西部のインド洋に航空機の残骸と見られる浮遊物が見つかっているようです。

当初はハイジャックなどの可能性が指摘されていましたが、仮にハイジャックがあったとしても、既にどこかの海に落ちたと考えられ、それが残骸の見つかったインド洋である可能性が非常に高くなってきました。

ただ、インド洋の落ちたと推測される海域は、風が強く世界でも最も海が荒い地域のようで、捜索にも困難が予想されます。

過去にも航空機ハイジャックの末に墜落した事件や、落ちたのは間違いないが航空機が発見できなかった事件もあるようです。

今回の航空機は見つかるといいのですが。

警視庁が100大事件ランキングを発表

3月 20th, 2014

警視庁が「100大事件ランキング」というものを発表しました。

これは職員の投票によるそうです。

偶然のタイミングなのかはわかりませんが、ちょうど19年前の今日に発生した「地下鉄サリン事件」が1位を獲得しました。

1位 「地下鉄サリン事件」

2位 「東日本大震災」

3位 「あさま山荘事件」

4位 「3億円事件」

5位 「大喪の礼・即位の礼」

と続いています。

事件と思い浮かべると、2位「東日本大震災」や5位「大喪の礼・即位の礼」には少々違和感を感じてしまいましたが、警察が大々的に出動したということで事件に含まれる出来事なのかもしれません。

ロシアがクリミア併合へ

3月 19th, 2014

ロシアがウクライナのクリミア半島を併合するために、

武力に訴える手段に出たようですね。

 

ゲームの世界ではよくあることですが、

現代の現実世界において

「国が戦争を仕掛けることで強引に他国の領土を奪う」

ということが行われるとは。

 

プーチン大統領は現実世界をゲームと勘違いしているのですかね。

身辺調査と架空請求

3月 13th, 2014

「架空請求詐欺」をご存じの方も多いかと思います。

架空請求詐欺には文書やはがき、メールで送りつけるものも多いですが、「身辺調査を進めている」などの言葉を使用して、恐怖や不安に陥れ、調査費等を払わせるという手口があります。

例)「現状、上記契約番号様に対し、決済代行機関から身辺調査という形で状況確認の元、状況報告を求められております。」

探偵が身辺調査をしていることを調査対象者に告げることはありませんし、そもそも本人に気づかれないように行うのが身辺調査です。(他の調査も同様です。)

ですので、「あなたの身辺調査をしている」という文書がきたら、まず架空請求だと思って下さい。

 

探偵業界の宣伝競争

3月 11th, 2014

昔からそうなのか、そうではないのかわかりませんが、世の中は宣伝競争に勝つことで初めて商売が出来る、という状況になっている気がします。

探偵業界について言えば、インターネットにおける宣伝競争が激しさを増す一方で、自社サイトの広告の他、検索上位表示させることが特に重要となっています。

現在のところ、探偵に関するビッグキーワードでの検索上位は「不正」もしくは「グレー」な方法、もしくは自作自演、第三者を装ったステルスマーケティング的なWEBサイトが多く見られます。

逆に言えば、そうしなければ検索上位表示できない業界になってしまっているのかもしれません。

正攻法でなく不正やグレーな方法を使うところがこれからももっと増えてくるのではないですかね。

大雪

3月 1st, 2014

関東地方で明日、大雪のおそれがあるとの予報が出ています。

雪になると、尾行・張り込みによる調査では大きな影響が出ます。

交通機関がストップしたり、車が動けなくなったりです。

そのような日は対象者もあまり動かなくなる傾向があるようなので、

依頼者の方は雪が予想される日は調査を避けてもよろしいかもしれませんね。

今年は大雪の日は2日とも現場の調査をしていましたが・・・。