逆転層

こんなニュースを見つけました。

アメリカアリゾナ州のグランドキャニオン国立公園で感謝祭の連休にかけて「逆転層」と呼ばれる気象現象が発生し、峡谷が雲の海の中に浮かぶような光景が見られたそうです。専門家によると、逆転層の現象は、冷たい霧が暖かい空気にふたをされる形で谷底に閉じ込められて発生したようです。この一帯に降った雪が溶け始め、地表付近に冷たい大気の層を形成します。寒気は暖気よりも重いことから谷底に沈んで霧を発生させ、雲の川が峡谷に沿って流れるような光景を作り出したといいます。逆転層そのものは珍しい現象ではないらしいです。しかし今回は晴れ上がった空を背景に空気の層が際立って見えたことから独特の光景が出現したようです。

逆転層が起きると普通は視界がはっきりせず、霧の中にいるような状態になるといいます。公園当局によると、逆転層は感謝祭の連休中、29日と1日の2度観測されたそうです。やがて気温が上がると霧が晴れ、元の光景に戻ったといいます。この光景を写した写真は同公園のフェイスブックやインスタグラムに掲載されているようです。私も写真でこの様子を見ましたが、本当に雲の上に浮かんでいるような光景で非常に美しく、幻想的でした。私は残念ながら、グランドキャニオン国立公園へは行ったことがないので、通常の風景も写真でしか見たことがないのですが、本当に日常を忘れてしまいそうな壮大な世界が広がる場所ですよね。

死ぬまでには一度行ってみたい場所のひとつです。

Tags: ,

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)