セウォル号沈没事故オーナーの遺体だった

ちょっと気になっていましたが、セウォル号のオーナー兪炳彦容疑者らしき遺体が発見された事件、遺体が本人であると確定したようです。

何でもその遺体は6月12日に発見されており、発見場所は兪容疑者の別荘から約2kmほど離れた畑の中で、自殺か他殺かもわからないほど腐敗が進んでいたため、警察は身元不明のホームレスであると判断していたようです。

しかし、遺体の衣服は高級品で、所持品からは兪容疑者の関連を疑わせるものが多かったと。

結局、身元特定に40日もかかり、批判を受けた警察は捜査の不手際を認めたようなのですが、当時なぜホームレスと判断したのか不自然さは感じますよね。

また、警察は遺体が発見される少し前、5月末にその別荘を強制捜査して発見できなかったようです。

これに関しては警察の捜査情報を兪容疑者に漏らした者がいるのだとか。

そして、タイミング的に兪容疑者は警察の捜索が入る直前に潜伏していた別荘から逃亡したところで死亡したのではないでしょうか。

もしくは何者かに殺害されたのか。

いずれにしろこの事件の真相が解明されることはどうもなさそうですね。

 

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)