情報の使用目的

個人情報や身元情報の扱いが厳密になる原因の一つとして「得た情報の使用目的」が大きな問題である。悪質な情報の使用が発覚する度にマスコミは「またしても個人情報流失!」と騒ぎ立てる。世間は個人情報を気軽に他言してはならないと考える。

このような流れがあり「必要な個人情報を収集が困難」になる。

正当な権利で「トラブルの相手に対し損害賠償」したいが相手の身元情報が入手できないとなって初めて「個人情報の認識を間違っていた」と気づくこととなる。

正当な理由のもとに個人情報を収集する事は「当然の権利」を主張するために必要な準備と考える。この考え方が間違っているというならば「必要正義は存在しない」ということだろう。悪意をもってトラブルを引き起こす人物達の「やりたい放題」がまかり通る世の中ということである。

他人のトラブルに関わりたくないのは大いにけっこうだが、ご自分もトラブルに巻き込まれた時は泣き寝入りしかないと認識しておいてほしい。

Tags: ,

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)