身元情報の管理

個人情報や身元情報は「どこで知ったの?」と不思議になる事があることだろう。日常生活を便利に効率良くする材料に「登録制やポイントカード」などがあるが、身近な身元情報・個人情報の流失もとの多くであることは間違いない。

比較的少ないケースでは「カード情報のスキミング」による被害もある。

クレジットカードで支払いを日常的に行う人物があいやすい犯罪で、カード情報を専用機械でひと通しするだけで「偽造クレジットカード製作」のための情報が抜き取られる被害である。

このような犯罪が実際に行われる現代で「個人情報・身元情報の管理」は個人レベルでは極めて難しく困難である。当然、自ら情報を記入する機会を限りなくゼロに近くすることで多くは防ぐことが可能であるが現実的ではない話になってしまう。

メリットとリスクを天秤にかける事が日常の判断に多く要求される時代になったと実感できる。日常の心がけにおいて情報の「引き出し」をより少なく効率的に「ご自分で認識できる範囲」を念頭に管理する意識が必要な時代である。

Tags: , ,

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)