探偵の勤務時間と休暇

探偵の仕事の多くは、個人の行動を調査することです。対象者の行動に応じて尾行や張り込みを行うため、探偵の勤務時間は不規則になりがちです。

たとえば浮気調査をするにしても、対象者によって行動パターンが異なります。主婦ならば昼間に外出することが多いでしょうし、自営業者や営業マンなどは勤務時間中に自由行動をすることが可能です。会社員だと、勤務終了後の夜間に浮気相手と会う可能性が多いものです。

探偵は対象者の行動に合わせて調査し、依頼者に求められた証拠をつかまなければなりません。ですから対象者次第で、どんどん勤務時間が延びるケースがあります。もちろん、土日や祝祭日もカレンダー通り休める保証はありません。

そのため、普通の会社員のように決まった勤務時間や休日がないのが実情です。

もちろん探偵事務所ではローテーションを組み、一週間に一日あるいは二日の休日を取れるよう調整しています。ただし、調査の進捗状況によっては休日出勤をすることもあるのです。

探偵は依頼者から報酬を得て、問題解決のために調査をします。そのためには、自分の時間や生活を犠牲にすることも多々あります。探偵の勤務時間や休暇は、調査業務を優先した上で決まるといえるでしょう。

 

Tags: , ,

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)