情報を収集する

探偵や興信所・調査会社が行う調査の多くは「足で稼ぐ情報収集」が基本である。

スパイのように情報操作で欲している情報を不正に入手する事など殆ど無い。情報源から裏付けを取り「得た情報の信憑性」を確認しご依頼人に調査結果として報告する。

不確定要素が強い調査結果を依頼人に提供する事はあってはならない。

「探偵の資質」に関わり評判や信頼関係にも繋がる重要事項である。

疑うことを忘れず裏付けをとり「確実な調査」を実施する。

浮気調査などに代表される尾行による情報収集も「足で情報を得て」いる。

内偵調査も同様に複数の聞き込みやデータ収集作業により「足で情報を得る」。

情報源が多い探偵は「内容の濃い調査報告」を依頼人に提供できる。

情報収集能力が探偵の善し悪しに大きく関わっているのである。いつの時代も「情報を有する」優位性は誰もが認めるところだろう。情報源の多い探偵と出会うメリットは多大であり「プライベート・ビジネス」の範囲に限らずより良い生活に繋がると言える。

Tags: , ,

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)