身元・素性の情報

探偵が行う調査業務全般で「調査に関わる人物の身元や素性」が情報としてある案件は調査スピードが早くスムーズに行える。

調査対象に関しての情報が写真一枚であったり、居住先・勤務先のいずれかのみであった場合は「調査結果に到達」に要する時間と費用に大きく差が生じる。探偵が行う調査の基本的考え方は「情報量で得られる結果」にたどり着く過程が異なるという事が一般的である。

このように御依頼や相談時に「御依頼者が有する情報量」が如何に重要で案件の決着に要するもろもろに大きく関わっていることがご理解いただけることだろう。

如何に腕の良い探偵であっても「情報量ゼロの案件」に着手すれば「多くの時間と労力」を必要とし結果的に依頼人の「調査に対する満足度」にもつながる。

要点のみをピンポイントな情報として得る「情報調査」は探偵が行う他の調査同様の労力が必要になる場合が多く、御依頼者が出来るだけ「情報を記録し残す行為」が後々、調査全体に大きく関わるという重要なキーポイントとなる場合が殆どなのである。

Tags: ,

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)