探偵になる方法は一つではありません

現在探偵になりたいという方が増えているようです。

では実際に探偵になるにはどのような方法があるのでしょうか?

実はひとつだけではなく、幾つかの方法があります。

 

まずは思い切って開業するという方法です。

探偵になるには基本的に資格が必要というわけではなく、年齢や学歴なども制限がありません。

しかし、業務を行う前に開業届けが必要で、警察署経由で公安委員会へ提出する必要があります。

これについてはやや知識が必要なため、行政書士への代行も可能です。

 

しかし、いきなり一人で開業するには全くの無名で宣伝能力も乏しい中ですし、当然リスクも発生します。そこで、フランチャイズ開業という方法もあるのです。

探偵事務所のブランド力による広告・宣伝力があるため、初めての開業には適しているかもしれません。

開業前にしっかりとノウハウを学べる専門学校のようなシステムを組んでいるところもあります。

 

もう一つの方法としては探偵事務所のスタッフとして働くというのもあります。

これは、ハローワークや求人広告などで見つけることが可能で、開業するよりも比較的簡単に探偵の業務をスタートできると言えそうです。

このように、探偵になるには幾つもの方法がありますので、あなたに合ったスタートラインが用意されていると言っても過言では無いでしょう。

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)