Archive for the ‘身元調査’ Category

探偵が行う身元調査

月曜日, 11月 17th, 2014

一言で身元調査と言っても「知り得たい情報の範囲」で探偵が調査に費やす時間は異なる。多くの場合、「調査対象である人物」の正確な氏名・年齢・性別・職業・居住先・勤務先などが知り得たい「単純でポピュラーな身元情報」であろう。

しかし、現代は個人情報の扱いが厳格であり「簡単に情報入手」とはいかない現状にある。御依頼者が抱える問題を解消する手段に「必要な情報入手」が極めて困難な時代なのである。悪が世にはびこりやすいとまで言わないまでも「正当な権利の主張」も困難と言えるのである。

このような状況は「法規制」が招いた結果と言える。

皆さんご存知の「個人情報保護法・探偵業の適正化」に関する法律などが代表的といえるだろう。昭和から平成にかけてはそれ程「規制」が厳しくなかったが、同法律が制定されてからというもの「世間の認識」が大きく変化したのである。

簡単な「婚約者に関する人柄」の調査であっても「他人のプライバシーに関わる個人情報であるから答えられない」が多くの方の認識と言える。

御依頼者にとっては一生に関わる調査であるにも関わらず「社会の認識」から情報を取得が困難といえるのである。どう見ても「認識がズレている」としか思えないのは著者だけだろうか?

現実問題として法的処置が必要な「トラブルを抱えた人物」が「トラブルの相手を特定出来ない世の中」は誰がどう見てもおかしな状況であろう。このような状況が誰にでも降りかかるのである。個人情報が厳格に扱われる事には何の異論もない。しかし、世間の認識違いがただされなければ「弱者は救済されない」不道理がまかり通る世の中になってしまうのである。

当然ながら調査を行う興信所や探偵にも「現代にあった調査手法の確立」が要求されるだろう。多くの調査人達は試行錯誤し「依頼人に有意義な情報」提供をと考え「情報取得のために自らを向上させる」ことが常に要求されるのである。

立ち止まって「否定しても世間が変わる」ことは望めない。

興信所や探偵が進化し時代にあった存在感のある業務を行わなければ淘汰される厳しい状況なのである。どの分野や業種でも同じような現状を抱えている現代社会は「意味のない存在」を許さない「スピードに追われ変化に対応出来ないもの」に極めて薄情であると思う。古き良きを掲げているだけでは「時代に取り残され」てしまい「世間の常識や変化」に対応できずに孤立し「誰からも見向きされない」状況がまっているだけなのである。

身元調査の違い

金曜日, 11月 7th, 2014

警察官の採用時においていろいろと制約があるみたいです。

 

まず身内に犯罪者がいないことや本人に前科がないことも左右されるみたいです。またキャリア組と言われる採用には思想背景や支持政党なども大きく関わってくると言われています。

 

ところが民間企業の採用時では対象者の前科は探偵でも調べられません。内偵という聞き込みに頼るしかないのです。しかし、個人情報の観点や差別的な要素から思想背景や支持政党を調べることも厳しくなってきています。

 

なんで警察官の身元調査は正当化されていて、民間では禁止の方向に行っているのか理解に苦しみます。

 

人が感じる採用時の問題にはいろいろあると思います。採用ばかりではなく、人と人が付き合う上でも同じです。

 

身元調査に何の違いがあるのでしょうか。

 

依頼主によって正当化されたり不法的な言葉で揶揄されるのには何か合点がいきません。

探偵・興信所と身元確認

火曜日, 10月 28th, 2014

探偵や興信所の殆どは浮気調査を実施し「浮気相手の身元確認」を行い慰謝料請求や依頼人が望む方向性に調査をすすめる。やはり「必要な身元情報」がなければ「法律に基づいた権利の請求」は行えないだろう。

正当な権利を請求するにあたり「情報開示を求めて」も世間の風は冷たく冷ややかである。他人のトラブルに関わりたくない事を理由に「情報開示を拒否」する場面が殆どである。現代において個人のトラブルに関わる情報提供は「正当な理由」の扱いになっていない。

依頼人の利益や生活を守るべく行った調査が最終段階で「身元確認不可能」では「何かおかしい」と考えるのが普通ではなかろうか?探偵側が考える手前味噌な物言いと言われてしまえばそれまでだが「もし、ご自分が同じトラブルに巻き込まれた」シュチュエーションを想像していただければ「理不尽」な状況に怒りを覚えることだろう。

どちらの言い分が道徳的であるか?

やりたい放題な世の中やグレーゾーンを増やす法規は何の意味もない事が理解できることだろう。

 

身元が曖昧

月曜日, 10月 20th, 2014

現代社会であっても「雇用に関する身元」の確認は曖昧なカタチが存在している。

履歴書の提出と面接のみで「雇用の是非を決定」している。

雇用形態で提出書類が異なることは一般的常識だが、「契約・派遣」などは所謂「緩い身元確認で採用」となっている。アルバイトや日雇い就労とさほど変化がない状況といえる。

採用は甘く「一部上場の有名企業での業務」をしている人物が多く存在していることにあらためてお気づきになることだろう。有名企業に限らず「役所や生保」などの個人情報を取り扱う「下請け業者」も多く存在し、極めて重要な業務に「身元の不安定」な人物を雇用している可能性が高い現状が存在しているのである。

世間的に採用に関わる身元情報の確認は総務か人事担当が行うことが多い。

殆どの場合、履歴書に意図的な虚偽記載や曖昧な表記が無い事が前提に採用を決定している事だろう。

現代社会の採用事情の現状は不安定なケースが多く、就労条件の良い職場を求めて「転職を繰り返す人物達」にとって「曖昧な身上表記や少しの虚偽記載の履歴書」は想像以上に多く提出され「その殆どがチェック無く」採用の是非に利用されているのである。

探偵が行う身元に関する調査

木曜日, 10月 16th, 2014

探偵は各種民事訴訟に関わる証拠収集において「訴訟相手の身元情報」を調査する。

一般的に世間が問題視する個人情報保護とは別物な「社会生活において必要な調査」といえる。このような調査までも個人情報保護の観点から情報収集できない状況は「問題である」とはっきり断言できる。

個人情報とは個人を特定する情報であり、一般的には「個人情報を扱う業務」を取り扱う会社からの情報漏れや不正な売り買いを無くす事が主の目的であると認識している。

ましてや情報社会化した現代ではネット上に個人情報が流出する可能性が高く、そうした現代社会で起こりうる新たな問題防止を目的に制定されている。

古くから情報を取り扱う「探偵や興信所」がこの法規に関わり問題ならば「救われない一般の人物が増大」する法規ということにもなる。

間違った認識とは怖ろしいもので根付いてしまうと取り返しがつかない状況にも発展し「早期に認識違いをただす捕捉」を広く呼びかけていただきたいものである。

浮気相手の情報

土曜日, 10月 11th, 2014

浮気調査を数多く手掛ける探偵は「調査対象に関する情報を入手」しなければ調査が完遂しない。主にフルネーム・年齢・住所・勤務先などのことがらは最低限必要な事項となるだろう。

浮気調査を実施し浮気の証拠であるホテルの出入りや自宅の出入りを撮ったとしても「調査対象者に関する情報」が尾行で得られる確率は低いと言える。

優れた尾行でスムーズに浮気の証拠を取得しても「肝心な詰め」が何日経っても判明しない探偵は調査力に少々難があると言えるだろう。

探偵の行う浮気調査は一貫した流れが存在し「総合的な調査力」が必要な業務であるため「身元情報」の調査力が低い探偵への浮気調査を依頼することは「案件のスピード解決」にほど遠く時間と追加調査を要し費用負担も高額に成る傾向がある。

探偵との相談・調査委任契約時に「身元情報」の調査にかかる日数なども確認しておく事が望ましいといえる。

身元・素性の情報

金曜日, 10月 10th, 2014

探偵が行う調査業務全般で「調査に関わる人物の身元や素性」が情報としてある案件は調査スピードが早くスムーズに行える。

調査対象に関しての情報が写真一枚であったり、居住先・勤務先のいずれかのみであった場合は「調査結果に到達」に要する時間と費用に大きく差が生じる。探偵が行う調査の基本的考え方は「情報量で得られる結果」にたどり着く過程が異なるという事が一般的である。

このように御依頼や相談時に「御依頼者が有する情報量」が如何に重要で案件の決着に要するもろもろに大きく関わっていることがご理解いただけることだろう。

如何に腕の良い探偵であっても「情報量ゼロの案件」に着手すれば「多くの時間と労力」を必要とし結果的に依頼人の「調査に対する満足度」にもつながる。

要点のみをピンポイントな情報として得る「情報調査」は探偵が行う他の調査同様の労力が必要になる場合が多く、御依頼者が出来るだけ「情報を記録し残す行為」が後々、調査全体に大きく関わるという重要なキーポイントとなる場合が殆どなのである。

身元調査と住所

金曜日, 1月 10th, 2014

身元調査を依頼したいとお考えになったことがない方には、「身元調査」というものに否定的なイメージを持たれるかもしれません。

世間的にも結婚や就職に関連して調べる身元調査にはネガティヴなイメージが消えないと言えるかと思いますが、おそらく今後もそのイメージは簡単には消えないでしょう。

しかし現状では、就職・結婚に関して調べるのであれば、現住所や勤務先がわからない場合は現住所及び勤務先、その他素行・交友関係・本人の評判などの方が重要な情報となっていると言えるのではないでしょうか。

また、現在の身元調査は、その人の生まれた場所ではなく、「氏名・現住所(もしくは居所)」という、いざと言うときのために重要な情報を知るために行われているケースが多くなっています。

インターネットや携帯電話の普及により増加している「浮気」及び「詐欺」への対策として、関係者の身元情報を確認しておくことが以前にもまして重要になっているのです。

探偵の身元調査

木曜日, 1月 9th, 2014

警察官は採用の際に身元調査をされます。

どのような内容か詳細は明らかでないですが、親族に犯罪歴のある人がいれば採用はNGになると言われています。

場合によっては宗教団体や支持政党も関係し、出世や結婚にも影響してくる(特にキャリア組)そうです。

警察の判断基準は絶対であり、NG要素が判明したらダメなものはダメです。

結婚などにおける探偵の身元調査は、判断の材料(調査結果)を提供するだけであり、私たち探偵が判断することはありません。

調査結果をもとに御依頼者様が判断することになります。

浮気相手の身元調査の方法

月曜日, 12月 30th, 2013

身元調査が特に依頼されやすいケースの一つは浮気相手の身元が知りたいケースでしょう。

「浮気相手の身元調査」はまずは尾行により身元を判明させる方法が一般的になります。その理由は、配偶者の浮気調査の過程で浮気相手が現れ、そのまま浮気相手がどこに帰宅するかを尾行することが非常に多いからです。

浮気相手の帰宅先の判明は身元調査の第一歩になります。帰宅先がわかれば浮気相手が働いている場合、勤務先も尾行により判明させることができます。さらに周辺の調査を実行することにより、身元の詳細を明らかにすることができるのです。