STAP細胞問題

STAP細胞問題が話題ですが、小保方氏代理人弁護士は段階的に捏造疑惑を払拭できる資料を提出していくそうです。

一体、どんな資料が出てくるのか、それ以前に決定的なものが本当に存在するのかが気になります。

小保方氏が矢面に立たされている状況ですが、共著者がおり内容が話題になること必至、そして理研から出されている以上は一人の責任であるはずがないですよね。

小保方氏の上の立場にあたる理研や笹井氏の会見には責任逃れの意図があったのではないでしょうか。

科学者とか研究者はもっと純粋なものかと勝手に考えていましたが、国やら何やらからお金を引っ張らないと研究が続けられず、研究者自身も何らかの結果を出さなければ研究を続けられないんでしょうね。

今回の事件で、かつて旧石器発見を次々に捏造した事件を思い出しました。

 

Tags:

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)