身元が曖昧

現代社会であっても「雇用に関する身元」の確認は曖昧なカタチが存在している。

履歴書の提出と面接のみで「雇用の是非を決定」している。

雇用形態で提出書類が異なることは一般的常識だが、「契約・派遣」などは所謂「緩い身元確認で採用」となっている。アルバイトや日雇い就労とさほど変化がない状況といえる。

採用は甘く「一部上場の有名企業での業務」をしている人物が多く存在していることにあらためてお気づきになることだろう。有名企業に限らず「役所や生保」などの個人情報を取り扱う「下請け業者」も多く存在し、極めて重要な業務に「身元の不安定」な人物を雇用している可能性が高い現状が存在しているのである。

世間的に採用に関わる身元情報の確認は総務か人事担当が行うことが多い。

殆どの場合、履歴書に意図的な虚偽記載や曖昧な表記が無い事が前提に採用を決定している事だろう。

現代社会の採用事情の現状は不安定なケースが多く、就労条件の良い職場を求めて「転職を繰り返す人物達」にとって「曖昧な身上表記や少しの虚偽記載の履歴書」は想像以上に多く提出され「その殆どがチェック無く」採用の是非に利用されているのである。

Tags: , ,

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)