主な探偵の仕事内容についてご紹介しましょう

主な探偵の仕事内容についてご紹介しましょう。

探偵の仕事内容は、張り込みです。

これは、調査を特定の人物や場所に張り付いて行うことです。

どのような厳しい状況においても、集中力を維持して張り付いている忍耐力と体力が必要になります。

探偵の仕事内容は、尾行です。

尾行は警察でも行いますが、探偵も同様に行います。

対象者が動いている際に、追跡を気付かれないように行います。

尾行と張り込みは同じ様に注意することがあります。

それは、探偵と言う仕事が公ではないので、下手に尾行や張り込みを行うと、怪しい者として連絡されてしまう恐れもあるからです。

そのようなことにならないために、周りになじむようなテクニックも必要となります。

そして、探偵の仕事内容の中で一番難しいテクニックである聞き込みがあります。

これは知識の他に経験が必要になるため、張り込みや尾行と同じ様に、怪しい者に間違われないためのテクニックも必要です。

探偵の仕事では、ごくまれにドラマのような難しい事件に出会うこともあります。

しかしながら、ほとんどの仕事は集中力や忍耐力を必要とするような非常にレベルの高い仕事だと思います。

推理力が必要なことも多くありますが、ほとんどは努力を地道に行うことが必要です。

探偵は生活において様々な助けとなる仕事です

探偵の仕事内容は主に相談、調査、調査に基づく資料作成等があります。基本的には人を探したり身辺調査を行うなど一般の人が行うには難しいような特殊な業務を行います。

企業などが依頼する場合は社員が横領したり、他の企業に秘密を漏らしていないかといった事を調査する目的で行います。そうして社内で問題を解決する事で大きく傷を広げることなくイメージダウンも防ぐことが出来ます。

一般の人が依頼する場合は家出調査や浮気調査などがあります。特に浮気調査の需要は高く、調査の他にそうした経験を生かして相談をするものもあります。基本的な調査方法は複数人で尾行して対象者の行動を監視し、何か動きがある場合は写真におさめて証拠とします。また、探偵同士の横の繋がりや情報を専門に扱う業者にお金を払って情報をもらう等様々な方法を使って調査を行い成果をあげます。その為普通の人では出来ないような成果が期待できるのです。

尾行にしても複数人で行うため日当やカメラなどの機材費といったものが必要になるため調査費用は高額になってしまいがちですが、日数や時間等を指定する事である程度抑える事も出来ます。何より自分や周りの人の力だけでは不可能な調査結果を得られるので有効に利用出来れば生活や様々な点で大きな助けとなる職業と言えます。

漫画と実際はかけ離れている探偵行動

漫画や小説で、事件を解決するものを読まれる方も多くいるかと思います。

小説の場合は「推理小説」と呼ばれ、広く親しまれるジャンルとなっています。

でも実際の探偵は事件を解決したりすることはありません。実際と空想ではちょっとずれがある仕事、それが探偵なのです。

 

実際の探偵は事件現場にホイホイ足を運ぶことはできないでしょう。

探偵だからと言って事件の詳細を教えてくれるような警察はいません。最近は個人情報保護の観点からも、事件にかかわるようなことは教えてくれないのです。

なので、探偵が事件解決に協力すると言うのは基本的に無理ではあります。

 

探偵の主な仕事は調査ですが、探偵が動くには依頼が必要です。

依頼が無いのに事件の調査などをすると違反になってしまいます。警察から依頼があれば事件性のあるものも調べることが出来ますが、基本的に依頼するのは一般人の方です。

従って事件に関係のあることは調べられないわけですが、調べていったら浮気が分かったなんていうエピソードはあります。

 

漫画の探偵と実際に行える行為には違いがありますが、空想で書けるからこその話があるので漫画や小説の探偵ものは面白いですよね。

意外にニーズがある?女性探偵になるメリット

最近は女性の探偵を雇うケースも少なくありません。探偵業はやはり体力が必要ですし、ときには危険な目にあうので女性には向いていないのでは・・?と思う方も多いのではないでしょうか。ただ女性ならではの探偵業務があります。そこで女性探偵になるメリットを紹介しましょう。

 

探偵といえば男性というイメージが定着している昨今です。ですから女性が探偵業をおこなう場合、警戒されにくいというメリットがあります。また男性探偵とペアを組むことで侵入捜査もおこないやすいでしょう。

例えば浮気調査ではホテル街の張り込みをおこないます。その時に男性ひとりで調査するよりも、二人でカップルを装えば、疑われることなくスムーズに業務に遂行できます。さらに女性ならではの感性や洞察力で、捜査の進展が早まるケースもあります。

 

ほかにも女性の依頼者から相談を受けるときには相談員としてのニーズは非常に高いです。やはり同性だと、安心感を持たれ本音を聞くことができます。特に探偵業は依頼主の心情が変われば急に仕事内容が大きく変わることが予想されるので、本心を聞き出すことは非常に大切です。

 

このように女性探偵のメリットはあります。ただ体力面など不利な面もあることは考慮に入れておくと良いでしょう。

 

探偵になるために必要なもの、必要の無いもの

探偵になるために必要なものは何だと思いますか?

 

学歴だと思った人は不正解です。

探偵になるためには学歴は不要です。

極端な話をすれば、中卒でも探偵にはなれます。

 

資格だと思った人も不正解です。

探偵は資格制にはなっていません。

もちろん、探偵学校などは存在しますが、探偵学校は探偵としての経験を積むための場であって、探偵資格を授与する場ではないので勘違いしないようにしましょう。

 

特別な個性も必要ありません。

むしろ、あまりにも個性的だと、ターゲットを尾行したり、聞きこみ活動をしたりするときに目立ってしまって損をします。

地味で目立たない普通の外見の人の方が探偵業においては有利とされています。

 

体力や格闘技の心得はあると便利です。

もちろん、現実の探偵は刑事事件に関わることはありませんから、犯人と直接対決するようなことはありません。

ただ、情報収集の過程で、誰かに絡まれたりすることは考えられますし、やや治安の悪い場所に赴かねばならないこともあります。

心の支えとして体力や格闘技経験は価値があります。

 

一番必要なのはやはりコミュニケーション能力です。

いかに調査に関係のある情報を聞きこみで収集できるか、依頼者の要望をいかに適切に聞き取れるかなど、コミュニケーション能力が必要とされる場面は山ほどあります。

コミュニケーション能力に自信がある人は探偵向きと言えるでしょう。

身元調査の依頼パターン

身元調査が依頼される状況には主に2つのパターンがあります。

 

①対象者そのものの身元調査をする場合

②対象者の関係者が現れ、その人物を調べる場合

 

①のケースでは、交際相手・結婚を考えている相手、採用を考えている相手、重要な取引を交わす相手などが該当します。

②のケースでは、配偶者の浮気調査を行って浮気相手が判明し、その人物が依頼者が知らない人物だった場合などが考えられます。

 

つまり最初から身元調査を行う場合と途中から身元調査の必要性が生じるケースがあるというわけですね。

いずれにしろ、人物を調べることの多い探偵の仕事において、身元調査は基本業務の一つといえるかと思います。

 

身元調査という言葉

身元調査という言葉は、人によっては非常にネガティヴなイメージを持つ言葉になっています。

一般的にはある人の生まれを調べるという意味合いが含まれていますね。そのため、身元調査は差別との関係が指摘されることも多いと言えます。

※現在、差別に関する調査は探偵業法により禁止されています。

 

但し、特に民事訴訟を提起するような場合は、訴える相手方の素性がわからなければ手続きが困難になるため、身元調査により氏名・住所を特定させるのはごく普通であり重要なことと言えます。

詐欺師などは身元を偽っていることも多いので、取引相手の身元を確認する慎重さが必要な時もあるでしょう。

 

そのような視点で考えると身元調査は決してネガティヴな要素だけではないのです。

 

探偵の仕事について

ある人について知りたいという場合に自分の力で知ることができない場合には探偵に調査をお願いするということがよくあります。

そして探偵は人のいろいろなことについて調査をしてその結果を依頼者に報告するという仕事をしています。そのため一般の人からお偉いさんの人までいろいろな人が探偵を利用しています。

 

そして探偵がする仕事はいろいろありますが、代表的なものとしてまず浮気調査があげられます。浮気調査とは夫婦のどちらかが他の異性の人と不倫をしている疑いがあったときにその現場を抑えるために調査をする仕事です。

そのため調査対象に人に気づかれないように調査する必要があるので結構難しい調査であると言えます。

また浮気調査で悪い結果が出てしまった場合には依頼者への報告も気をつける必要があります。

 

次に所在調査も探偵の代表的な仕事です。所在調査とはある人の住んでいる場所がわからない時に、その所在を調査して依頼者に報告するという仕事です。

この仕事は探偵の専門的な知識が必要となるのである程度経験を積まないとできません。

 

それからある人がどのような行動をとっているのかを調査する素行調査もあります。これは会社の社員がしっかり仕事をしているのかどうかを調査するために探偵に依頼されます。

空想の探偵と現実の探偵は違う。

最初は明智小五郎から始まったのですが、昔から読書といえば探偵もので、探偵といえば読書ということでその後は国内だけではなく海外の探偵小説も読んでみたり、いろいろと好きな空想上の探偵なんかも出来てきましたが、大人になるにつれて当然ではありますが、空想の探偵と現実の探偵はなかなか違うものだなということを身にしみてわかってきました。

 

現実に探偵事務所に勤務して、知り合いの探偵からも良くいろんな話をきかせてもらっているのですが、現実の探偵は浮気調査をしていたり、企業からの委託を受けて不正の証拠集めをしていたり、ペットを探してみたりという仕事が多く、彼も個人的に15年以上探偵をしているそうですし、彼の事務所は20年くらいの歴史があるようですが、殺人事件に絡むようなことは過去はなかったし、業界に小説の中に出てくるような名探偵はいないそうです。

 

まあ、そう聞くとミステリーファンとしては多少というかかなり残念ではあるのですが、まあ現実世界にミステリーに出てくるようなどろどろの殺人事件が多発するようだとそれはそれで困りものでもありますので、私が好きな探偵は小説の中だけにして頂いて、現実の探偵は現実の問題を解決するのが1番ということだと思います。

知力と体力を必要とする探偵という職業

探偵と聞くととてもスマートで、事件をあっという間に解決するようなかっこいい人をイメージするかもしれません。
確かに探偵はやりがいのあるかっこいい職業です。
しかし仕事を請け負い、それを調査することは決して楽ではありません。
まず、調査を極秘で行わなければならないことが多く、細心の注意が必要です。
聞き込みや尾行といったことで真実を追究するこの職業ですが、誰がどんなことを依頼をしたのか、というたことが少しでも他の人にばれることがないように調査を進めていく必要があります。
そのため聞き込み調査を最終手段と考える探偵が多く、尾行を通して真実を追究しようとする探偵は少なくありません。
また場合によっては長い間張り込みをしなければならないこともあり、調査人を常に見張っていなければならないために睡眠時間が削られたり、生活が朝と夜とで逆転してしまうこともあります。
それでいかに人にばれずに調査を行うかは探偵の知力や体力にかかっているのです。
頭がよく、物事をスムーズに行い、尚且つエネルギッシュな体を持ち合わせていることが求められる探偵というこの職業を極めることは、とてもかっこよく、ゆえに昔から今に至るまで多くの人の憧れとなっています。