> 
 > 
 > 
賃借人の身元調査

貸借人の身元調査

貸借人の身元調査

借金 金銭の貸し借りによるトラブルは以前より多く、「借り得」と俗に言われる程に返金を滞ったり、中には行方を眩ます人も多く、金銭トラブルによる所在調査を興信所に依頼する人は少なくありません。

貸借人に対してある程度の身元を把握しておく事は非常に重要です。

信じられないかもしれませんが、金銭貸借トラブルをお持ちの相談者の中には、相手についてニックネームや源氏名は知っているが本名を知らない、勤め先や携帯番号は知っているが現住所を知らないという人もけっこういます。

例えば、インターネット上で知り合った相手にお金を貸した途端に連絡が取れなくなったとか、ホスト、ホステスさんにお金を貸したがお店を辞めてしまい、本名も住所も知らなかったというケースです。
貸した方もかなり安易であった事は否めませんが・・・。

正直、他人からお金を借りようとする人が、ちゃんと返すあてのある人である確率はそれほど大きくはないと思います。
ですので、銀行を筆頭に金融業者では融資先等への信用調査はどこでも必須業務です。個人同士の貸し借りでも同様な事が言えます。

ただ、おそらく、個人に対して高額な金額を貸すというケース以外に、事細かく信用調査をすることは少ないでしょう。

その際、相手について本名や現住所確認は基より、勤務先などの生活環境などを把握する身元調査をしておく事をお勧めします。
言うまでも無く、金額の大小に関わらず借用書の作成は絶対です。

かつて「○○に投資をすれば絶対に儲かる」といった類の嘘の投資話で、相手から大金を騙し取られる投資詐欺被害・金銭トラブルが頻出していた時期がありました。

投資詐欺で騙されてしまう多くのケースでは、「大金が稼げる」という言葉で理性を失い、客観的な判断力をなくしてしまうことが原因の一つになっているのではないかと思います。
大金を手にする可能性を前に、相手がどのような人物なのかは二の次になってしまうわけです。

相手にお金を預ける前に第三者(興信所)による身元調査を実施していれば、儲け話よりも相手の怪しさの方が勝っていた可能性は高いのではないでしょうか。

尚、金銭の貸借ばかりでなく、アパート、賃貸マンションなどの賃借人に対しても家賃トラブルや近隣トラブルも増加している昨今、身元調査の重要性は高くなってきております。

身元調査についてのご相談をご希望の方は、お電話・メールにて当興信所までお問い合わせください。