> 
 > 
 > 
浮気相手の身元調査

浮気相手の身元調査

浮気相手の身元調査

不倫カップル配偶者の行動に不審を感じ、浮気調査を依頼した結果、浮気をしている事実が判明した。その調査結果により配偶者や浮気相手に損害賠償として慰謝料を請求できる。

しかし、浮気相手について氏名や住所が判らないのでは慰謝料も請求できず何も先に進む事はできない。

配偶者も調査報告書により浮気の事実は認めたものの浮気相手についてはひたすら隠し通そうとするケースが多いのも現実です。

浮気調査では浮気が判明した際には浮気相手の居住先までを調査するのが常ですが、その点を省略される依頼者もいたり、又、居住先を尾行してもオートロック等の管理が厳しいマンションだと部屋番号を特定する事も出来ない事もあります。

又、部屋番号を特定しても相手がその部屋の所有者や賃貸契約者であるという保証は無く、氏名を特定するのにも困難な場合もあります。

しかし、私ども、当興信所なら長年にわたって培ってきた身元調査の経験から他社で困難と判断された身元特定に関しても身元を特定する調査能力には他社と比べて秀でていると自負しております。

内容証明書の送達や民事裁判においても浮気相手の特定は絶対条件となります。

又、名前や住所の特定ばかりでなく、勤務先、独身や既婚者であるか、既婚者であればその配偶者についてや家族関係までも掌握しておくといろいろと裁判などでも役立つケースもあります。

浮気相手を特定したい

パートナーの浮気を疑い浮気相手の存在を明確にしたいと考える人物は少なくありません。

探偵や興信所の浮気調査を実施するには「確実な自信」がないことからためらってしまう。
このような状況のお悩みを抱えた相談者は実に多く存在します。

安い金額では実施できない浮気調査をためらう心情は理解できますし何より「浮気の事実が存在しなかった」ならば「疑っている自分に自己嫌悪」してしまうことでしょう。

このような状況や悩みの解決手段としておすすめな調査が「浮気相手と思われる人物の情報収集」である身元調査なのです。

浮気相手を勘を頼りに特定する行為はおすすめできません。
しかし、情報収集の範囲で浮気相手と思われる人物の生活環境や家族構成を事前調査し「外堀から埋める調査」を実施するのです。

このような情報収集から得られた情報から「浮気調査の必要性の判断」を下すことが「無駄の少ない浮気調査」を実施する手順と言えるのです。