> 
 > 
 > 
ストーカーの身元調査

ストーカーの身元調査

ストーカーの身元調査

ストーカー 殺人事件へも発展するストーカー事件、社会問題としても大きく提起されている案件です。

ニュースとなるようなケースはほんの一握りでしかなく、警察のストーカ―被害の認知件数も年々上がってきていますが、あくまで認知件数であって、実際に起こっている被害を正確に表した数ではありません。

ストーカーといっても怨恨から恋愛トラブル、偏執的な事象と様々です。
また、その度合いについてもさまざまで軽微でストーカーとは言えないかもしれない様なケースを含めると膨大な件数となるでしょう。

例えば、町でよく見掛ける素敵な異性に対して、好奇心から尾行して家を突き止めたり、知り合いになりたくて偶然を装って待ち伏せしたりする事も、相手が察知して嫌悪感や恐怖を感じたら一種のストーカー行為となり得ます。

むしろ、相手をナイフで刺してしまうような異常なケースまでいくと殺人未遂罪などになりますが、そもそもストーカー行為であることに違いはないのです。

ストーカーの該当条件

異性に付きまとったり待ち伏せをしたりする、しつこい交際要求の連絡をする、その他嫌がらせ等をするとたいていのケースではストーカー行為となりますが、「相手(またはその家族等)に対する好意・恋愛の感情、もしくはその感情が満たされないことによる怨恨の感情によって、付きまとい等を行うこと」がストーカーの該当条件にあります。

例えば、ある人物が恋愛感情とは関係ない恨みから継続的に他人に嫌がらせをしていた場合は、ストーカー行為規制法違反とはならず、別の犯罪に該当することになります。

ストーカーへの対策

まずストーカー行為をしている加害者をストーカー調査により特定する事です。
特定する事によって過去の恋愛関係者や知人であったりすれば身元調査までする事は殆どないのですが全く記憶や面識のない人物であったりした場合は身元調査をしなければならないケースも出てきます。

これは偏執的な事象のケースや軽微なストーカー行為の場合に多いのですが、特定した相手の身元を調査すると友人の知り合いで過去に一度だけ会ったかもしれないという記憶にも残っていない人であったり、勤務先の違う部署の同僚、上司であったり、取引先関係者であったというケースもありました。

確かにストーカー行為の悪質の度合いにもよりますが、時として「大人の対応」を選択しなければならない場合もあります。
ストーカー加害者に対して即、警察や司法の介入をする前に身元調査をして示談交渉に応じさせる事も可能な場合もあります。