TOP > 
カテゴリー > 
コラム > 
興信所は違法?

興信所に調査を行ってもらうのは違法になるのか?

興信所では、依頼者に合わせてサービスを提供しています。

現在、数多くの調査を請け負っており、依頼者の悩みを早期に解決しています。

興信所では、探偵が依頼者の悩みに合わせて調査を行っていきますが、各都道府県にある公安委員会にきちんと届け出を出しているので対象人物の許可を得ずに調査をしても違法にあたることはありません。

とはいえ、対象人物を調査するうえで守らなければいけないルールがあるのも事実です。

たとえば、興信所の探偵は、聞き込みや張り込み、尾行などを行い調査を進めていきます。

これらの調査方法は、法律で認められた適切な方法です。

適切な方法で調査を進めれば違法にあたらないのはもちろんのこと、思わぬトラブルに見舞われてしまうこともありません。

そのため、興信所に調査を依頼する際には、信用できる探偵が在籍しているのかを確認するだけでなく適切な方法で調査を進めていくのかをきちんと確認するようにしましょう。

興信所が行っていけない調査とは?

では、どのような調査を行ってしまうと違法なのかご存知でしょうか。

安心して興信所の探偵に調査を依頼するなら、事前に違法調査を確認しておくことも大切です。

まず興信所が行ってはいけない調査として盗聴器を使用した方法が挙げられます。

手っ取り早く調査対象者の情報を得るために自宅に盗聴器を仕掛けることがベストなのではと思っている方もいるかもしれませんが、この方法は違法にあたり罪に問われることもあります。

また、このほかにも住居に勝手に侵入することや郵便物をチェックすることも行ってはいけません。

さらに車にGPSを取り付けて調査対象者の行動を把握することも興信所の探偵が行うことはNGです。

プロの探偵であればどんな方法を使って調査を行っても違法にあたらないというわけではありません。

法律違反として判断されてしまうものも多く、プロの探偵は細心の注意を払って調査を行い情報を集めているのです。

安心安全な情報集めは時間をかけて行う調査

現在、日本各地に多くの興信所があり、探偵の数も増え続けています。

実績や経験があるプロの探偵であれば違法にあたる調査方法を知り尽くしているため、依頼者に迷惑をかけてしまうこともありません。

しかし、勉強不足な探偵だと知らず知らずのうちに間違った方法で調査を行っていることもあります。

たとえば、不必要な個人情報を集めてしまう探偵もいるでしょう。

通常であれば口座番号や犯罪歴などの情報は個人情報保護法で守られており、第三者に知られてしまうことはありません。

しかし、銀行の口座情報だけでなくクレジットカード履歴やこれまでの犯罪歴などまで調べ上げ情報を漏らしてしまう探偵もいるため、依頼する際には本当に安心して任せられる人物であるかをしっかりと見極めなければいけません。

基本的に調査対象者を尾行することや張り込みや聞き込みを探偵のみならず、一般の方が行っても問題ありません。

しかし、プロの探偵は、時間をかけて適切な方法で調査を進めていくだけでなく、興信所ならではのルートを使って情報を集めています。

決して調査対象者に気付かれることなく大量の情報を集めることに成功し、依頼者の力になることができます。

現在、興信所では、浮気調査や身辺調査などさまざまな調査を行っています。

どんな依頼であれ時間をかけてじっくりと情報を集めていき、鮮明な証拠を掴むことができるので、早期に依頼者の悩みを解決することができるでしょう。

興信所の探偵に調査を依頼する際には、必ず調査方法を確認することが大切です。

万が一、違法にあたるのではないかといった不安を感じる調査方法をなされている場合は、迷わず契約を打ち切ることをおすすめします。