> 
 > 
 > 
身元調査事例②

A・G様(20代 女性)からの身元調査依頼事例

探偵にストーカーの特定をしてもらいました

一時期、最寄り駅からの帰り道に誰かにつけられているような気がしたり、 家に帰って部屋に入ると携帯に非通知で電話がかかってきたり、すごく気持ち悪いことが続いていたのです。
偶然が重なったのかもしれないし、気のせいかもしれないのでとにかくあまり気にしないようにすることにしていました。

でもある日、明らかに自分を自宅までつけてきたのがわかったので、待ち伏せして問いただそうとしたら、その人物に逃げられてしまいました。
変装していたみたいだけれど、間違いなく中年男性でした。

警察に相談に行きましたが、特に危害を加えられたわけではないので動けない、パトロールを強化します、程度のことしか言ってくれなかったのです。
とにかく相手をつきとめるために、ネットで調べた探偵事務所アーガスさんに相談したところ、意外と安い値段で請け負ってくれました。

結局、相手は誰かすぐわかりました。驚いたことにそれは職場の上司でした。
一方的に私に好意を持っていて、家までつけたり、公衆電話から電話したりしていたようです。
証拠写真をつきつけて、「今後は一切このような行為をしない」という念書を書いてもらいました。
探偵さんのおかげで現在は平穏に暮らせています。

 

B社様からの身元調査依頼事例

探偵に中途採用者の調査を依頼しました。

あまり特定の情報は書けないのですが、某企業の人事をしております。 メインの仕事は中途の採用です。

当然、仕事は面接の手配から、直接の面接もやりますし、採用後のフォローなんかもやるのですが、その一連の業務の中で探偵さんに仕事を依頼することもありました。

その依頼事というのが、採用予定者の身元調査というか、評判の調査というか、実際の履歴書の内容が正しいかどうかの確認を依頼するようなものでした。
ほとんどの場合、採用予定者に問題はないのですが、過去に経歴を詐称している人間がおり、かなり困ったことがあったので、念のために調査をしているのです。

まあ、私が担当である現在、幸いなことに経歴を詐称している方はいませんでしたので特に問題は起こっていませんが、当初は探偵というのがこういう仕事までやるのかと思った記憶があります。 決して浮気調査だけをやっているわけではないということを、その時担当をしてもらっていた探偵事務所の方はおっしゃっていました。

 

R・T様(40代 女性)からの身元調査依頼事例

浮気相手を身元調査した結果

そもそもの浮気を知るきっかけになったのは最近始めたラインのメールでした。

ラインのメールから浮気が発覚、かなり親しくやり取りしている内容が記述されており、しかもご丁寧にスマホの中にはホテルの密会していた際の裸の写真も保存されていたのです。

相談した弁護士さんからは浮気調査を探偵に依頼しなくても充分な証拠になるとの事でした。

主人にこれらの証拠の品々をいろいろと見せ、問いただした処、最初はスマホを勝手に見た事に対して起こっていましたが最終的には浮気の事実を認め、謝罪しました。 そしてもう浮気相手の女性とは絶対に会わないと約束をしたのです。

しかし、浮気相手の女性については何も言いたがらないのです。

ラインメールから読み取れる愛称と誕生日、最寄り駅と思える駅名、そこから歩いて数分に自宅があるという事、両親や兄弟と同居している状況が判るだけで本名、 住所や勤め先は全く判りません。主人に問いただしてもよく知らないとつっぱね、誤魔化して頑なに隠しています。

私としては浮気相手の女性からも慰謝料は取りたいと考えていましたが、これだけの情報では相手を特定出来ないから探偵に調べて貰いなさいと弁護士さんに言われ、その弁護士 さんがよく調査で利用しているこちらの探偵事務所を紹介して頂きました。

そして身元を特定する身元調査をお願いしましたが、こんな少ない情報だけで身元調査が出来るものかと不安でした。

しかし、たった4日後には浮気相手の本名、住所が特定され、更に主人の会社でアルバイトをしている事も判明しました。

主人に浮気相手の女性の身元を全て知ったと伝えると全てを認め、反省しきりでした。 会社に判るとかなり困ることになるからでしょう。

当初は浮気相手の女性からも高額の慰謝料を取るつもりでいたのですが結果、主人とは離婚をしない方向で話が付き、将来、浮気は一切しないという誓約書を書かせ、相手女性については 弁護士さんにお任せしました。

結果的に浮気相手はアルバイトを辞めて、謝罪文と少額ではありましたが慰謝料を取る事が出来ました。

驚かされたのは身元調査を請け負ってくれた探偵さんの能力です。 短期間に名前や住所など詳細な身元が判明したことには本当に驚かされました。